週末は実家に帰り、2拠点生活っぽい生活をしています。

スポンサーリンク

TAKASHIです。

仕事に慣れなくて慣れなくて仕事が追い付かず更新する余裕がなく、なんと先月は1回しか更新していませんでした・・・。

家賃補助を受けることができたので、平日は職場の近くのアパートに住んでいるのですが、まだネットも繋いでいなかったりするので、週末は実家に帰っています。

片道2時間通勤を2か月近くした結果、本来適用されないはずの家賃補助を受けることができました。
TAKASHIです。 入社してから早2か月。現在も栃木から2時間近くかけ通勤をしているのですが、先日上の方から「家賃補...

帰りが9時近くになり、一部持ち帰りの仕事を済ませるのと、食事風呂を済ませたらあまりフリーな時間がないのでiPadに挿しているIIJのデータ通信SIMだけで十分かなと思ってしまっています・・・。

実家に帰れば帰ったでネットは繋がっているので、正直、契約することはあるのだろうか・・・といった状態です。

さて、平日は大都会千葉(の北部)、週末は栃木の田舎と、2拠点を行き来しているので、以前メディアで取り上げられていた2拠点生活というものを実質していることになります。

が、実際にやってみると結構大変ですね。

まず片道2時間ぐらいかかりますし、私の場合は約3,000円も往復の交通費で消えてしまいます・・・!

何より、仕事終わりで実家に帰るときはハッピーの最高潮なので問題ないのですが、日曜日の夜、次の日の仕事のために、日曜日なのに職場方面行きの電車に乗るのはかなり辛いものがあります。

慣れればどうってことないのでしょうが・・・。

「仕事はしかたないからしている、あまり働きたくはない。」という診断結果のを突き付けられた私にとってはメリットばかりというわけではなく、相応のデメリットもあるなと感じました。そして、メディアに取り上げられているような人たちは相当仕事LOVEなんだろうなぁと同時に思いました。

ワークポート(WORK PORT)の「CUBIC個人特定分析」をやってみたら、仕事に対する自分の考え方が見えてきた。
TAKASHIです。 以前、ワークポートの面談を行った後、Myページを見たら個人分析があったのでやってみました。 ...

(診断にはワークポートへの登録が必要です)

もっと仕事ができるようになれば、いろんなところで余裕ができて、いい循環になるんだろうなぁ。

そろそろ終電の時間なので今日はこのあたりで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする