退職したらすぐにハローワークに行こう!④~再就職手当申請~

スポンサーリンク

TAKASHIです。

前回のハローワーク記事はこちら

退職したらすぐにハローワークに行こう!③~失業認定日にバックレ~
TAKASHIです。 タイトルのとおりです・・・。 あ、いや違うかな・・・? 18日、行くには行っ...
そうか・・・認定日バックレした話までしか書いてなかったのか・・・!!

とりあえずですね

前の会社を辞めてから最高のニート期間を過ごし、なんだかんだで念願の工場(なお、思っていた工場の仕事と違ってて辛い;;)に転職をしました。

スポンサーリンク

就職が決まったらやること

就職決まったらヒャッハー!ハロワともおさらばだぜええじゃないですよね。

1. 就職先決まりましたの報告

もし、ハローワークに失業手当等、なんらかの申請をしていた場合、必ず報告しておきましょう。

原則、入社日の前日だそうです。

報告をしていなかったら大変です。

TAKASHI氏、失業手当の不正受給で逮捕。

ということになりかねません。

報告の際に、入社日等がかかれた書類も一緒に持っていくと楽だと思います。私は内定通知書を持っていきました。

2. 再就職手当の申請の準備

これは正直、準備ってわけでもないんですが、

再就職手当を受けるためには

  • 再就職手当支給申請書(もらえる)
  • 雇用保険受給資格者証
    (手当申請すると最初に作らされる、顔写真貼ってあるやつ)
  • 出勤簿やタイムカード等のコピー
    (出勤初日から3~5日分程度の出勤記録のわかるもの)
  • 関連事業所に関する証明書(もらえる)

が必要になります。

採用証明書にチェックマークが無かったのはもしかしたら内定通知書を持って行ったからかもしれません。確認は忘れないように!

最初、これを見たとき「あ、これ無理だな」って思いましたね。

というのも、

再就職手当支給申請書と関連事業所に関する証明書に、代表取締役印を押印する場所があるんですよ!!

ふざけやがって・・・

こんな数日前まで無職だった人間がそんな申請とおるわけないじゃーんってね。

わざわざ社長の押印必要なの・・・?再就職手当はボーナス1か月分以上の金額になるだろうから魅力だけどなぁ
でもなぁ・・・!!

正直、

こんな感じでした。

でも、転職&ニートを経験してひっじょーーに辛い&大変&ブラック企業の基準が下がっている私。

ニートを経験してわかった4つのこと。
TAKASHIです。 生活リズムが慣れてきたので、ちょっと書いてみます。ニートを経験して思ったことです。 最初は...
「とりあえず申請するだけしてみて、代表印を押印してもらえないなら、さっさと脱出した方がいいんじゃね?ブラック企業乙!!!」と。

ただ、普通に出したらすごく気まずい。

「こいつ少し前まで無職だったのに。なに再就職手当って。ふざけてんのか?」と思われるのは実に避けたい。

だから、

事務員が居ない時を狙って、入社書類に混ぜて提出した。

成功した時の背徳感と達成感。ゾクゾクしましたねぇ!

その後、暫くしたらハローワークから封筒が届きました。中には

はい、勝利。

おおよそ2週間程度でした。

注意事項を強いて挙げるなら

働き始めて方時間経つの早い。1か月はあっという間。

だから申請し忘れということがないように・・・!!

ってことですね!

封筒の中に、職業促進定着手当の申請書も入っており、申請は約半年後になりますが、今回入社した会社の給料が前の会社よりも安かった場合、一部補填しますよ的な手当みたいです。

ただ、これも代表印を押印しろって書いてあるんだよなぁ・・・。

そもそも半年後とか忘れてそう。

覚えてたらまた今回のように適当に提出書類に混ぜて申請したいと思いまぁす!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする