ブラック企業からは今すぐ脱出しよう!

スポンサーリンク

ook3s0420140125180412_tp_v
SmartNewsを見ていたらキャリコネニュースに
「ブラック企業でも3年は我慢」は親切なアドバイスではない! 真に受けると「人生の無駄使い」になってしまう危険性もという記事が載っていたので私の意見も。

結論から言いますと「すぐに脱出するべき」です。

【私が会社を辞めた理由。】

①ソフトバンク代理店(販売)のときは

埼玉の会社に就職しました。
実家が栃木県なんで、電車使えばある程度は問題なかったんですが、
就職するには埼玉県に住むこと(住宅手当は出ません)
という条件がありました。
店舗自体が埼玉県のみの展開なのでまぁ仕方ないかぐらいの気持ちでした。
新卒で就職決まらなかったっていうのもまずいなっていうのも当時ありました。
仕事自体は問題なく本部から求められているオプションの強制加入や余計なものの追加契約(写真立てやらみまもりケータイ、光回線等)はそれなりにできてました。
が、
kenmen

途中からソフトバンクカードを獲得しろという命令があったんですよね。
ソフトバンクカードには2種類あり、
①VISAデビット(Suicaのようにチャージしないと使えない)のようなもの
②おまかせチャージ機能付き(クレジットカード)があります。

sbcard1sbcard2
発行は最低条件で、基本的におまかせチャージ機能付きを獲得するようにしてます。
営業終了後にも日報で

SBカード 3/3 おまかせチャージ付き 2件

などと報告していました。
※母数は機種変更の数です。なので新型iPhone発売した時には阿鼻叫喚ですよ。母数がどんどん増えていきますからね。うちの代理店は獲得率10%台が結構多くありました。

で、ソフトバンクとしてはおまかせチャージ機能付きをたくさん獲ってくれたところにインセンティブを支払うので、代理店としてはそれを獲得しないとやっていけないんですよ。
※さまざまな指標(MNP獲得件数、新規件数、オプション獲得率等。)それを元にインセンティブ額が決まるので、このソフトバンクカードも目標達成させておきたいんですよね。

ただ、おまかせチャージ機能付きだとクレジットカードなので審査が入ります。
審査となると会社員だと勤務先名や会社住所、年収等必要入力項目が多くあります。
それを不審がられると契約に繋がらないケースがあるので、独自の用紙を用意して事前に「分割払いの場合審査があるので~(棒読み)」といい記入して貰いました。

え?
そういうのは嫌だから一括で支払いたい?

という場合はお客さんの職業を専業主婦の年収240万ぐらいにして勝手に審査してました。(いまは出来ません入力項目不整合で弾かれます。)
発行したカードはお客様の目の前で「これはこちらで処分しておきますので~(棒読み)」と言い、目の前でシュレッダーかけてました。

新卒だったってこともあり、社長も入社式のときに言っていた
まずは3年間やってみろ。それ以降は転職したっていい。
みたいなこと言ってたような気がするなぁ。早めに脱出しておけば良かった。

この罪悪感が嫌で3年半努めた会社を辞める決意をして、転職活動をはじめました。
このような環境で仕事をしても体に毒ですからね!
転職先が決まったら即座に店長に「すいません人生相談があります。」と言い、
辞めたい旨を伝え、次の建設備品レンタルの会社に転職しました。

②建設備品レンタルの会社(リース営業)のときは

私も前の会社3年はやろうと思ったんですよ。転職した直後は。
ただ、働いている上で営業向いてないなぁと思ったし、残業多いし、「みなし残業制度」だから労働時間の割りに合わないし、
ミスも多かったので営業所内で事務員さんから嫌われてグチグチ文句言われるしほんと嫌でした。
ある時期までは耐えられてたんですが、いつ頃からか「もう無理!」となってしまって。
きっとリミットをオーバーしてしまったんでしょう。

日曜日なんて次の日仕事なんで営業所に出勤するのも辛くて辛くて!
友達と遊んでる時も午後3時ぐらいから「死にそうな顔になってる」と言われる始末。
夜も「寝たらすぐ明日になっちゃう」と思って全然寝付けないし。
朝は朝で仕事行きたくないから「あと3分・・・」をベッドの上で繰り返してました。

他の社員がいないタイミングで、所長に
「すいません人生相談があります。今辞めると言ったら最短いつ位に辞められますか」

と伝え、脱出しました。

【私の意見】
・将来的に辞めるのであれば早いうちがいいです!!
・自分第一!会社は二の次ですよ。
・人生はなんとかなるものです。正社員にこだわる必要はまったくないとです。
・いますぐ脱出!!
ちなみに・・・
どうしてもすぐに辞めることが難しい場合、自分と敵対している人は人間ではなくその会社の消耗品と考えると少し楽になるかもしれません。
人間ではなく、人間の形をした喋る物体と見るのです!

無職より。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする