ワークポートを使っていて気になったこと2つ。

TAKASHIです。

転職エージェントサービスとしてワークポートを使っているのですが、ちょっと気になったことがあったのでそのことを投稿したいと思います。

気になったことは以下の2点。皆さんはどう思いますか?

気になったことその1 面接の感想を…

ワークポートでは、面接の終了後に、受けた面接の感想をサイトに書き込めるようになっています。

私もとある企業の面接を受けた後、記入をしました。

記入した感想は以下のとおり。

面接で直接感じたことではないですが、私が企業のブラック度を判断するために使っているGoogle Mapsの感想で、企業をチェックしたところ、色々悪い噂があったため、他の志望者にも分かるように記入しておきました。

私が実践しているブラック企業の見極め方
TAKASHIです。 現在も絶賛転職活動中ですが、転職をする上で絶対避けたいものが 入社したけど実はブラック企業...

同じ転職を志望している同志に、少しでも有益な情報を!という考えです!!

しかし、実際に掲載されたコメントから、悪い印象部分の書き込みは残念ながら削除されてしまいました。

面接の感想ではないから削除されたのか?

それとも1人でも多くの求職者を企業に送り込むために悪い情報は削除したのか?

真意は分かりませんが、求職者側からしてみれば情報は1つでも多くあった方がありがたいと思っています。

人材業の仕事は(目標・ノルマ等)は大変だと聞きますが、是非とも求職者側の目線でサービスを提供していただきたいなぁと思います。

気になったこと2 あなたが選んで紹介したんですよね?

新規求人の案内をされました!求人票と会社のHPをチェック!

よし、この会社の仕事、やってみたい!!

と思いました。

しかし

推薦不可

応募してダメじゃなくて応募すらできないですと・・・?

いや、私が設定した内容でシステムが勝手にオススメするレコメンド求人だったら分かるんですけど、あなたが選んで紹介してくれたんですよね・・・?

推薦不可なら最初から紹介しないで欲しいです><

と思いました。

それでもワークポートを使い続ける理由

こちらも理由は2点。企業にプレスリリースがあった時にサイト上に表示されるということ。つまり、企業の最新情報や現在の企業の方針をチェックできるということ。

そして、上で気になる点として挙げさせていただきましたが、他の求職者の面接の情報をチェックできるということです。

他の人の書き込みがすべて、というわけではありませんが、やはり、無いよりあったほうがいいのです。

企業の求職者を判断するためのベースとなる質問は決まっているので、それを対策できる・できないの差は大きいです。

なので、色々ありましたが現在もワークポートを退会することなく使い続けています。

利用するエージェントも1社より2社!色んなエージェントからアドバイスを貰いましょう!!