MacBook Pro(2016)TouchBar付きのデモ機を触ってきた!~旧型の比較も~

スポンサーリンク

TAKASHIです。

昨日、家電量販店にふらーっと寄ったら、AppleShopにMacBookProのTouchBar付きのデモ機があったので触れてきました。

img_0936

手前から15インチ、13インチ、13インチ(タッチバー無し)モデルです。

で、触った感想ですが、

使いづれええええええええ!!
でした。
凄く使い辛い。たぶん慣れっていうのはあるんでしょうが・・・。
ファンクションキーって偉大だなと思いました。

キーボードを”叩く”と、タッチバーに”触れる”。異なる操作がうーん・・・という感じです。
ファンクションキーなら、キーボードを”叩く”と、ファンクションキーを”叩く”
と同じ操作なんですけど、この僅かな違い違和感がありすぎて。

例えば英語で入力するときとかは英語入力に切り替えてから入力するのではなく、日本語入力のまま打って、その後F10で変換するんですよね。
例えば以前の日記懐かしのブログ。~その時を思い出せるから、ブログって良い~の一番下にある画像のAspidochelone(読み:アスピドケロン)とBehemoth(読み:ベヒーモス)
ffxi_blog
とかは、英語入力で「Aspidochelone」「Behemoth」ではなく、「あsぴどちぇぉね」「べへもth」と打ってからF10を打って変換してました。
FFXIをやっていた影響がかなりでています。
Windowsならshift+Aやshift+Bをやればそれ以降自動で英語入力になるんですが、Macはそうはいかないですからね!!

今のところ、MacBookを買うなら旧モデル(認定整備品)かなぁ。キーボードもバラフライじゃないので打ちやすい。ポート数も充実している。ファンクションキーあり!あと安い!!

もしくはファンクションキー&タッチバー付きのモデルが出るまで待つか(個人的にはですが、バタフライキーボードとUSB type-cには我慢できます)。

2016の認定整備品が出る頃には、タッチバーを有効活用できるアプリも充実するかな・・・?

【2016年12月19日 追記】

でも今後のことを考えるとやっぱりUSB type-Cを搭載してなおかつ軽いTouchBar非搭載のMacBookProかなぁと思ったんですが、

新型は矢印キーが押しにくい・・・。左キーと右キーが大きいので、ちょうどそれらのキーが真ん中に指なるようにを合わせてしまっているんですよね。

MacBook12インチ登場時にも、打ちにくいと言われていたみたいです。

旧MacBookPro。左右の矢印キーも同じ大きさなので、必然的指の位置も合わさります。

あとトラックパッド。

新型はトラックパッドが大きいので、掌が少し当たってしまうのが気になる。

旧型の場合、トラックパッドが小さめなので親指が少し当たるぐらい。

はい。

細かくてすいません。

でもなぁー、旧型のやつでも3~4年はいけるよなぁ、サポート終了まではもう暫くあると思うし・・・・。

たぶん。

あああああああああああああ悩むうううううううううううううううううううううううううう!!!!!!!!!

追記おわりー!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする