転職エージェントと転職サイトを半年間使ってみた感想。

スポンサーリンク

TAKASHIです。

現在も絶賛転職活動しています・・・。

そろそろ無職期間が1年間となり、面接でも「この1年間、何してたんですか?」と訊かれる機会が多くなってきました。

転職エージェントを使っても書類が通らないケースも増えてきたような気がします・・・。あくまで体感ですが。

スポンサーリンク

現在使っている転職サービス

私が現在使っている転職サービスは以下のとおり。

転職エージェント

転職サイト

その他

  • ハローワーク

使ってみて感じた転職サービスの感想とそれぞれの強み

転職サービスをここまで使うことは今までありませんでした・・・。

まさかここまで長引くとは!

今回初めて半年間も使いましたが、半年間使ってみてそれぞれの強みをまとめます。

転職エージェント




転職するなら使っておいて損はない転職エージェント。

利用開始前にエージェントと面談があり、そこで転職の軸を決め始めます。

転職エージェントによって得意な分野があるので(IT系であればWORKPORT等)、複数の転職エージェントに登録して置いた方が良いです。

ただし、エージェントによってはサービス提供期間があるので注意(リクルートエージェントの場合、原則3か月間)。

また、非公開求人を見ることができるのも魅力。会社の採用ページでは「現在募集していません」と書かれていても、実は募集しているケースは多々ありました。

転職エージェントの利益の仕組みを知る。

無料で利用できる転職エージェントサービス。このサービスは、掲載会社がエージェントを使って採用をした場合に費用をエージェント側に支払います。なので、掲載費用は一切掛かりません。

手数料はおおよそ採用した人材の年収の30%だとか。しかし、採用した人材が早期退職をした場合は何%かが会社に払い戻されるようです。

基本的には採用しない限り費用が発生しません。

つまり、1人と面接しても10人と面接しても採用しなければ費用は変わらないということ。より多くの求職者に合うこともできますし、逆に厳選することも可能。一長一短ですね・・・。

転職サイト

リクナビNEXTやマイナビ転職。こちらも無料で利用できるサービスです。

転職エージェントは採用時に費用がかかりますが、こちらは求人広告掲載の費用が掛かります。多くの求職者とあった方がお得と言えるでしょう。

つまり、「求職者の質は二の次。とりあえず会ってみる」ということで、書類選考は比較的通りやすい気がします。

掲載期間等もあるので一概には言えませんが、基本的に上位に表示されるものや採用メッセージがあるもの、特集として表示されるものほど、高額な掲載料を支払っているようです。

ハローワーク

ハローワークでは求人システムへの掲載料、採用時の費用等、一切掛かりません。

ですので、とにかく面接をしたいという場合はオススメだと思います。また、ハローワークの急募案件は確実です。

また、官公庁や団体職員の求人も多いので、そちらを志望するのであれば先ずハローワークを利用するべきだと思います。

官公庁は契約社員が多めですが・・・。

ハローワークの求人票で「いいな」と思ったのが賞与や昇給、年間休日の前年度実績の記載があること(記載のないものもあります)ただし、中には求人票に書かれているものとまったく違う待遇の会社もあるので注意。

私が今まで利用した中では、

基本給250,000~、年間休日120日

これが実際には↓↓

基本給250,000~(残業代含む)、年間休日108日(月1回、土曜日出社があるため)

というものがありました。

都内の会社だったので交通費もそれなりに掛かるんですよ!正確な情報を掲載して欲しいものです。最初から分かってれば応募しないです!!

誰も得をしない・・・。

まとめ。

転職サイト、エージェント、様々なサービスがありそれぞれ特色がありますが、いずれも無料で利用できるので早めに転職したいのであれば全部登録しておいて間違いありません

サービス名 強み 始めるタイミング 付加サービス
リクルートエージェント 万能。最初はこれでOK。 転職したいと思ったとき 相談、面接対策、推薦状
WORKPORT IT関連に強い 相談、CUBIC個人分析
リクナビNEXT 幅広く取り扱う なんとなく転職を考え始めたとき 特集が豊富、グッドポイント診断
マイナビ転職 適性診断
ハローワーク 公務員に強い 完全に離職したとき 相談

ただし、転職エージェントは有効期間があるので、「なんとなく転職を考えている」段階であれば、転職サイト(リクナビNEXT、マイナビ転職)の登録だけで十分だと思います。

エージェントサービスは「転職したい!」と思ってから!

転職サイトを登録して置くだけで様々な会社の求人情報を見ることができるので、本格的に始めるときにスタートダッシュができると思います。

利用してみようと思いながら結局利用していないマイナビエージェントも利用してみようかな・・・。

自分の考えている状態に応じて、転職サービスを活用しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする