MNPキャッシュバック規制の影響を感じる今日この頃。

スポンサーリンク

TAKASHIです。

総務省がMNP(番号そのまま乗り換え)キャッシュバック規制をしてからそろそろ2年が経とうとしています。

参考→総務省、スマホ販売のガイドラインを公開!4月からMNP客への過度な割引を規制! – iPhone Mania

当時、規制前の駆け込みMNPで携帯ショップが大賑わいと報道されていた気がします。

その時私は既に携帯販売代理店を辞めていたので、「やべー!これならMNP目標ラクラク達成じゃん!」なんて呑気に見ておりました。

その後、皆さんご存知の方も多いかもしれませんが、無事キャッシュバック規制が入りました(相当厳しい規制だったようで、同期と話した時に、施策としてのキャッシュバックが全くないと話していました)。

まぁ、その時の規制が今になって自分に効いてくるわけです。

一括0円端末が中古屋に出回らない故に端末が高い!!

Xperia Z3 Compactが3万円台で買えたのは奇跡だったんや・・・。

Amazonで調べたらうーん、このお値段!

さすがにスマホに約9万円は出せませんわ・・・。

輸入品のG8441は日本の技適マーク(日本で使ってOKマーク)が無いので使おうとも思わないし!!!!!

ちなみに、私がキャッシュバック全盛期によく見ていた「格安携帯・スマートフォンTwitter情報」でも、Xperia XZ1 Compactは実質0円しかない・・・。

 【実質0円】
本体代金は通常通り支払う必要があるが、2年間で本体代金を同額、通信料から値引き
(→分割で購入する場合ローン契約必要。)
例:本体代金24,000円-通信料値引き1,000円*24か月間
=0円

【一括0円】
本体代金が0円。更に値引きも通常通り行われる。
(→つまり契約の時にローン審査なし!)
例:本体代金0円-通信料値引き1,000円*24か月間
=-24,000円
※原則本体代金は代理店負担となるが、公式キャンペーン適用により0円になる場合は通信料金からの値引きはされないこともある。

そうそう、最近発表されたXZ2 Compactですが、これは画面サイズが大きくなったとのことなので自分の求めているサイズ感と違う&更に高くなりそうなのでNGでーす!

Compactシリーズは2年に1回のペースで出ると思っていたので連続で発表されるとは思わなかったなぁ。

XZ2 Compactが出回って値下がりを待つにしてもその間に電池パックが膨張し過ぎて本体がダメになりそうだしなぁ。

Xperia Z3 Compactの電池カバー(リアカバー)が膨らんでいる!俺氏ピンチ!
TAKASHIです。 基本的に本体にフリップケース(手帳型)を付けていたので、全く気付かなかったんですが、いつもどおり充電しよ...

うーん・・・。

デカいスマホに決めてしまうか・・・??

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする