ショップでiPhoneを契約するときに注意すること~余計な契約をしないための4つの対策~

スポンサーリンク

TAKASHIです。

2017年10月27日16時01分。iPhone Xの予約が始まりますね。もうすぐですね。

これは私がソフトバンク携帯販売代理店の正社員で働いていた時(約1年前)の経験を元に記事を作成にしています。

iPhone X(テン)はiPhone 10周年を迎えた意味も込めた記念モデルですね。

予約開始日、Apple Storeで予約する人より、各携帯ショップの販売店で予約する方が多いと思います。

(正直、iPhone XよりもiPhone 10th Anniversary Editionとかの方が名称として良かったような気もしますが。)

わくわくしますね。

そんな中、契約時に待ち受けているものは大量の有料オプションやアクセサリー。「自宅のネット、ソフトバンク光に変えませんか」の案内。

余計な案内で時間を潰さず、早くiPhone Xを使いたい人は多いんじゃないかと思います。

最近は「予約開始待ちのお客さんが店内に大量にいる」といった状況は無くなりつつありますが、それでもショップ店員は通常時よりも心理的な負担が大きいです。

(ちなみにiPhone発売時は契約システムが「繁忙期モード」になっています。)

なぜなら目標があるから!

ここから店員の目標(当時)を書いていきます。

スポンサーリンク

店員のノルマ

大きく分けると目標は6つ。

  1. 新規契約
    ・他社からのMNP(のりかえ)
    ・iPad Cellularモデル
    ・Pocket WiFi
    ・PhotoVision
    ・スマート体組成計 など。
  2. 自宅のネット回線の契約。
    ・SoftBank 光
    ・SoftBank Air
  3. オプション加入
    ・スマ放題(通話し放題プラン)の加入。
    ・データ定額パック標準(現:データ定額 5GB)以上
    ・iPhone基本パック
    ・あんしん保証パック(i)プラス
    ・Yahoo!プレミアム for ソフトバンク
    ・Netflix
    ・快適モード
    ・端末下取りサービス申し込み など。
  4. ソフトバンクカード(おまかせチャージ付き)の契約
  5. SoftBank SELECTION(スマホアクセサリー)の販売
    ・保護ケース
    ・保護フィルム
    ・SDカード
    ・Bluetoothイヤホン
    ・モバイルバッテリー など。
  6. CS(お客様満足度)アンケート評価

といった感じ。これを1人のお客さんに対して提案していきます。

新規契約とネット回線は会社から具体的に何件以上取れっていう目標がはあるんですが、それ以外のオプションやソフトバンクカードは「携帯販売数の何%以上取れ」というような状態なので、売れば売るほど目標が上がっていきます。

なので、1件オプションが取れなかった・・・というのが命取り。

かといってガツガツいくとアンケート評価が怖いことになる。英語でアンケートメールを送るように操作すればある程度は抑えられそうですが。

でもあまりやりすぎると今度は送信数に対しての回答数が少なすぎてもNG。

・・・アンケートの話は長くなってしまうので、一旦この辺りでストップします。

ネット回線も契約すれば携帯電話使用料からの値引きがされ、それにより1台追加契約(Pocket WiFiやiPad)が見込め、それがダメだとしてもアクセサリーの追加契約が期待できます。

「ソフトバンク光にすれば利用料金下がるので、iPad追加しても料金はそこまで変わらないですよ!」

あーやだやだ、思い出しただけで嫌になってくる

でも、お客さんの言葉を借りて言わさせてもらうと

「(その目標)、お客さんには関係ないよね?

なんですよね。お客さんとしてみれば。

それなのに、いきなり、

「1か月経つと有料になっちゃうんで、後でオプション外してください。ここ(紙)に無料の期間書いておきますね。」

ちなみに、あんしん保証パック・基本パックは無料の期間無くなっています

なんて一方的に言われたら、

「は?」

ってなりますよね。

え?私はネット予約で不要なものは全部外したから大丈夫?

・・・残念ながら、あくまでそれは仮の扱いなので、本登録(引き渡し)の時に店員が変えることができます・・・。

極力面倒なことは避けたい。

ということで、ここからは対策を書いていきます。

対策

1.面倒そうなお客さんを演じる

具体的にはオラオラ系。「早くしろよ」的な。

オプション付きの用紙見せられたら「は?今すぐ外せよ」とか。店員が一番嫌がります。

具体的には無理矢理オプションを獲得した後のトラブルですね。

上記の「早くしろよ」「は?今すぐ外せよ」と言わないにしても、

「最初に必ず入らなければいけないのか、お客さんセンターに確認する」と言ってお客様センターに確認する素振りを見せてもいいかもしれません。

(ソフトバンク携帯電話からら)157→4→3→1→#→4→暗証番号入力

で、係りの者に繋がります。ちなみに、これは他社への乗り換え検討窓口です。

2. 関係者のみが知ってそうな言葉を使う

さすがに↑の対応はちょっと・・・。

という方は、関係者っぽい素振りを見せるのもいいかもしれません。

✓自分の名義で複数契約している時に、別の端末の契約状況を知りたいとき

「私の契約している別の携帯電話の契約更新月ってどうなってますか?C番(C#)に紐づいてると思います」

※Cは、Customerの略

✓家族割引が本当に効いているのか確かめたいとき

「最近、ソフトバンクって家族割引のCM多いですよね。念のため確認したいんですが、今、家族割引きって何人入っているのか知りたいので、F番(F#)調べてもらえませんか。」

※FはFamilyの略

✓何台分の請求が、口座からまとめて引き落とされているのか知りたい

「すいません、今、B番(B#)に何台分、紐づいてますか?」

※BはBillingの略

✓光回線の案内を早く断りたい

「すいません、転用については考えていません」

もし店員に通じなかったら、「あれ?今こんな言い方しないんですかね?^^;」と伝えてください・・・。

3. シンプルイズベスト!!「要りません」一点張り

色々書きましたが、なんだかんだで「要りません」としか言わないお客さんは強いです。

店員の戦意を折りますね。

必要なものまで要らないと言わないようにご注意を。

例えばApple Care+。AppleのSIMフリーでは一括払いが必要なのですが、ソフトバンクでは分割購入することができます。

(Apple Storeでソフトバンク版のiPhoneを購入するときも可能だったはず。この場合、Appleはソフトバンク携帯電話の販売代理店という扱いになっています。ですので、ポイントも使用可能)

4. オンラインストアや直営店、Apple Storeで契約する

間違いありません。

そもそもこのようなことは、本部が代理店に対し「このぐらい契約したら代理店の支援金増額するよ」という仕組みがあるから起こるわけであって、本部の運営する店舗であればそのようなことは関係ありません。

ただし、この中で順位付けするのであれば、

オンラインストア>Apple Store>>>>直営店

です。

直営店はトップガンと呼ばれる契約の鬼がいるので、不要と感じたら必ず要らないと言わないとダメです。

直営店一覧は以下にまとめています。

【2018/6/1修正】ソフトバンク・au・ドコモ 直営店一覧
2018/6/1  直営店の現況に対応 【ドコモ 店舗名変更】 東京都 ドコモショップ大手町店 → ドコモショップ...

ちなみに私が在籍した時の直営店新規販売ランキングは

渋谷>>銀座=表参道

渋谷の新規件数は凄まじいです。なんでこんなに出るの??って感じです。

ちょっと待って!本当に不要なもの、入ってない?

これはMy SoftBankに契約資料として保管されている契約書類です(ガチで私の契約です)。

4年前のものなので、現在と書式が変わっている可能性大ですが。

この中で注意したいところは、

この赤枠で囲ったところですね。

【料金プラン】Wホワイト・・・1か月の有料通話時間が合計47分以上だとWホワイトの方がお得。

【速度制限解除】制限モード・・・(この契約では)7GB以上の通信を行った場合、速度制限されます。

制限モードの対となる快適モードでは、7GB以上の通信を行った場合、1GB毎に1,000円の課金を自動で行い、速度制限を気にせず通信ができるようになります。

上の書類は一括で購入したので、分割払い金の契約書類は無いので画像を載せられないのですが、機種購入時に分割払いを選択した場合、最後に必ず「個別信用購入あっせん契約書」(たしかこんな名前)の、確認書類が印刷されます。そこに分割払いで契約した商品一覧が出てくるので、必ず確認しましょう。

契約したのは携帯電話だけなのに、余計な商品も分割払いで購入しているかも・・・?

某巨大掲示板でそういった話、よく聞きますからね。

いかがでしょうか。一通り書いてみました。

書いてみて思ったんですが、やっぱり携帯電話の販売代理店って、ギリギリのところ攻めているよなぁ。