私がMacBookPro13インチ(Late2016)のTouchBar非搭載モデルを選んだ8つの理由。

スポンサーリンク

TAKASHIです。

先日のエントリーのとおり、散々「旧モデルの方がキーボードが打ちやすくていい」とか、「旧モデルの整備済製品ならより安く買える」等と言いながらも、私はTouchBarの付いていない新型MacBookProを購入しました。

ということで、私が新型MacBookPro(Late2016)のTouchBar非搭載モデルを選んだ理由を今から挙げていきまーす!!

今までWindowsしか触ったことがないので、同じような方の参考になれば幸いです・・・!

 1.初売りセールをやっていた。

お金は大切です。無職にとっては特に。

1月2日にAppleが初売りやってたんですよ。

その中でMacを購入した場合、Apple Storeで使える16,500円分のギフトカードをさしあげます。しかも、この初売りセールは整備済製品と、TouchBar搭載のMacBookProは対象外!!(←これ重要)でした。

16,500円分のキャッシュバックがあるのであれば、

・整備済製品と劇的に値段が変わらない。

・サポートの部分も考えると、旧型が売られる整備済製品よりもより長く使える。

と考えました。

 2.第2世代のバタフライキーボードは苦痛、と言うまでではなかった。

家電量販店で触りまくっていた感想ですが、MacBook12インチに搭載された第1世代のバタフライキーボードは長文を打つ場合かなり辛かったです。

色んなサイトを見て回るとこのキーボードは使えばすぐ慣れるということだったのですが、どうも「本当かなぁ~?」と懐疑的でした。

今まで自宅ではWindowsのデスクトップPCだったので、キーボードはキーストロークが深いものしか使っては来ませんでした。キーストロークが深い打鍵感も良くて文字入力が捗るんですよ!

しかし、今回の新型MacBookProに搭載された第2世代のバタフライキーボードはすごく文字が打ちやすかったのです。無論、旧モデルの方が最高ですが・・・。

「うおおおおーーーー!!!」って感じに文字を打っているとき、パチパチと音は大きいですが、そこは優しく触れればすれば問題なかったです。私はこのまったくあたらしい、革命的なタイピング方法を肉球タッチと名付けました(適当)。

あと、Apple的に今後MacBookに搭載されるキーボードの構造、キーの大きさはこのサイズになると思うで、いい機会かな。と思ったので新型MacBookProにしました。

 3.TouchBarは慣れなかった。

新型MacBookProの目玉とも言えるTouchBarですが、正直、私には合いませんでした。キーボードのショートカットとかでもF7やF10といった重要なファンクションキーの代わりになるみたいなんですが、やっぱり私はファンクションキーが欲しいです。

用途に応じてTouchBarに表示される内容が異なるのは慣れれば使いやすいと思います。しかし私は、見慣れたキー配置の方がコンテンツに集中できるんじゃないかと思いました。

あと初Macだからね。いきなり大幅に変わったものにチャレンジして後悔するのはちょっと・・・。

でもTouchIDはうらやましいです・・・!!

 4.USB Type-Cポートは未来への投資。

色んなところで言われているUSB Type-Cポートですが、USB Type-CはThunderbolt3と同じ端子ということなので、今後増えていくと信じています。

TouchBar非搭載モデルはUSB Type-Cポートは2つしかありませんが、最初のうちは1つは充電用、もう1つはハブを繋げる用ということで十分だろうと思いました。

左右にポートが2つずつ付いているTouchBar搭載のMacBookProは、左右どちらからでも充電できるという点は便利だと思いますが、私はあまり気になりませんでした。

 5.軽いは正義。

軽いっていいですよね。1.37kgですよ。1.37kg。

旧モデルは1.58kgなので200g程度しか変わっていませんが、薄く小さくなっているので、持った時の感覚は数値以上に軽いと感じますね。

この感覚は初めてiPad Airに触れた時と同じような感覚でした。iPad AirとiPad miniだと、勿論miniの方が数値上軽いんですが、持った感覚だとAirの方が軽く感じるんですよ。

「こんなに大きいのにこんなに軽いの!?」って感じです。この感動が大きかったです。

 6.価格と性能。

MacBookProの場合、RAMの容量が16GBまでカスタマイズできるの良いよね。

Photoshopとか映像処理しないのであればMacBook12インチのRAM8GB、Core Mプロセッサでも十分とは聞きますが、大きいに越したことはないと思っています。

「大は小を兼ねる」です・・・!

後々スペック不足に悩んで、売却→カスタマイズして再購入より、最初から良いスペックのやつがいいと思います!!

 7.デザインが好み。

デザインですね。

旧モデルはキーボードの左右に何もありませんでしたが、新モデルは左右にスピーカーが付いています。

この左右のスピーカーがあることにより、スペースを無駄なく使っている感があるんですよ。私はそれが好きです。欲を言えば、ファンクションキーの上の部分にもスピーカーが付いていれば完璧だった。

15インチの場合はちょっと大きすぎるな・・・と思いました。

正直なところ、デザインとしてはMacBook12インチが一番好きです。

この無駄なく使っている感じが凄く好きです!!無駄がないって素敵!!

12インチでRAM16GB搭載して第2世代バタフライキーボードなら最強じゃん!!

 8.モバイルバッテリーで充電できる。

ノートPCを使ったことないので「本当かよ!」って感じなのですが、公称値(10時間)より全然バッテリーが持たないらしいですね。

良くて6時間とか。

もうそれ公称値6時間にして、「公称値は6時間だけど実際は10時間もバッテリーが持った」っていうサプライズにした方がいいんじゃないかな?

旧モデルですと、充電端子がMagSafeっていう引っ張ると微動だにしない、でも上に持ち上げると簡単に取り外せる革命的で、それはそれはもうほとんどマジックな端子だったんですが、その場合だとコンセントがないと充電できないんですよね。

でも、Type-Cであれば、モバイルバッテリーでも充電できるので、万が一って時にも安心ですね。勿論、モバイルバッテリーでスマホやらiPad等も充電できますし!あと私の持っているデジカメのSONY α7II、これモバイルバッテリーで充電できるんですよ!

これはデカいと思いました!!

おわりに

いかがでしょうか。

今まで散々悩んであーだこーだ考え、8の理由とかそれっぽいことをタイトルに書きましたが、以上が私が新型MacBookProを選んだ理由になります。

っていうか今Appleって新型MacBookProの全修理受付停止してるんですよね。

ビックリしましたよ。

初売りの時この情報が出ていたら整備品済製品粘ったのかなぁ。

一応MacBookProは届いてます。が、現在保護フィルムやら本体のスキンシールといったアクセサリ類の配送待ちです。なので箱から取り出してません・・・。

届き次第開封の議しまーす!

Amazon等は最安モデルなので、RAM16GB等にする場合はApple Online Storeで!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする